今さら聞けない!CADとはいったい何のこと?

CADの基本知識について

CADとは、簡単にいうと、さまざまな物を設計するために用いられるツールのことです。Computer Aided Designを略した名称がCADで、「キャド」と読みます。従来は手作業で描いていた図面をパソコンで作成することができるので、作業時間の大幅な短縮につながるのです。建築や土木業界などでCADを使用しているイメージが強いかもしれませんが、実際には自動車や服飾など幅広い分野でも導入されています。したがって、CADには分野ごとにいくつもの種類があり、例えば電気・土木・服飾デザインなど、各専門分野に特化した機能が備わっているものもみられます。最近では、3D(3次元)に対応したCADも開発されており、手書きでは表現が難しい立体の図面を描けるようになりました。

CADを使うメリット

手書きの図面に比べて、CADで作成した図面は修正しやすいのが大きなメリットです。パソコンの画面上で、簡単に線を削除したり追加したりできます。特定の線だけを一時的に非表示にしたい場合も、レイヤー機能を使えばわざわざ削除する必要はありません。また、図面ファイルの管理・共有がしやすいこともCADのメリットといえます。紙の図面を共有する場合は、郵送する手間が発生して届くまでに数日を要します。一方、CADで作成した図面はサーバー上に保存でき、異なる部署や取引先と共有する際はメールに添付して送るだけでよいのです。また、修正前のデータを別に保存しておくと、過去のデータを参照したいときにすぐに取り出せるのて便利でしょう。

水道CADとは、パソコンを使って水道工事に関わる申請書類の作成や配管図面を設計することです。手書きよりも効率的で、正確な図面や書類作成の時間短縮がのぞめます。