太陽光発電の仕組みとメリットやデメリットについて

太陽光発電の仕組みについて

企業だけでなく家庭でも導入されている太陽光発電は、一体どのような仕組みで電力を得ているのでしょうか。太陽から地球へ発せられる光は、太陽電池に当たることで、光起電力効果という現象を生み出します。これは太陽電池における半導体の電子が、太陽光線を浴びることによって動き出し、電気を生み出す仕組みを意味しています。太陽電池には有機系やシリコン系などいくつかの種類があり、種類ごとに発電効率も異なるのですが、世界の主流はシリコン系です。全世界における生産量の8割を、シリコン系が占めていると言われています。また、この太陽電池をたくさん繋げたものが、ソーラーパネルです。これを一般住宅の屋根やビルの屋上に設置することで、建物へ電力を供給することが可能です。

太陽光発電のメリットやデメリットについて

太陽光発電のメリットとしてまず言えるのが、電力の自給です。電力を自宅で生み出せることは、太陽光発電の最大のメリットだと言えるかもしれません。電力の自給により、外部から供給する電力量が減ります。これによって、電気代が安くなるというメリットも生まれるのです。また余った電力を売ることも可能ですし、万が一停電が発生した場合でも、電気を使用できます。その他、環境に良いこともメリットの1つだと言えるでしょう。一方、太陽光発電のデメリットは、設置費用が決して安くないことです。車の購入代金よりも高い場合がある上に、メンテナンス費用も発生します。また反射光がトラブルに発展する危険性があることも、デメリットの1つです。

太陽光発電を名古屋を実施したいと考えているなら、複数社から見積もりを取り比較検討してみることです。できれば直接会って話を聞き、施工後のアフターケアなどを確認することも大切です。