小陰唇の手術って怖くない?大丈夫、自分に自信が持てます!

小陰唇のこんな悩み、あなたもありませんか?

左右の小陰唇の大きさが違う、小陰唇が肥大していて自転車のサドルなどに擦れると痛い、見た目がよくないなどの悩みを抱える女性は多くいます。また下着などに擦れることから色素沈着し、小陰唇が黒ずんでいるので、男性から性体験が多いと思われるのではないかと心配する人もいます。小陰唇は他人と比べることができず、誰にも相談できませんが、これらの悩みは美容整形外科で小陰唇の手術を受けることにより解決します。多くの美容整形外科では、女性医師が対応するので恥ずかしくなく、安心して手術が受けられます。

綺麗な小陰唇!美容整形外科で簡単に手術できます

小陰唇の左右の大きさが違う、小陰唇が肥大しているということであれば、余分なところを切除する小陰唇縮手術を行います。色素沈着の場合も、黒ずんでいる部分を切除することで色が薄くなり、気にならなくなるでしょう。手術は極細の溶ける糸を使って行われます。手術時間は長くても1時間ほどで、日帰りでできます。溶ける糸を使っているので抜糸する必要がありませんが、縫い合わせた部分がデコボコするのを防ぎ、見た目を綺麗にするため、約5日後に抜糸を行う病院もあります。また、翌日からシャワーを浴びることができ、1週間ほどで浴槽に浸かることができるでしょう。セックスは1ヵ月後から可能です。手術後に患部が腫れたり赤くなったりすることがありますが、時間とともに解消します。費用は小陰唇片方だけで約12万円から15万円、両方で20万円から30万円です。費用はかかりますが、手術を受ければ自分に自信が持てるようになります。悩んでいる人は、小陰唇の手術を検討してみましょう。

小陰唇に悩みを抱えている女性は多くいます。悩みの解決のための手段として小陰唇 手術という方法をとる人も少なくありません。手術では、小陰唇を小さくしたり、左右のバランスを整えたりすることができます。