Hのたびに痛い!それって処女膜強靭症かも?

処女膜強靭症ってなに?

処女膜強靭症とは、処女膜とよばれる膣入口付近の薄い粘膜が通常よりも厚くて伸びにくかったり、硬くなってしまっていることをいいます。通常、性交渉をすることで、処女膜はだんだん馴染んでくるので痛みや出血はなくなってきますが、処女膜強靭症の場合は性交渉を重ねてもなかなか痛みや出血がおさまりません。処女膜強靭症の多くは、生まれつきのものだといわれています。ですが、日常生活で症状を感じることがないため、性交するまで処女膜強靭症であることに気付かないケースがほとんどのようです。

処女膜強靭症はどうしたら治る?

処女膜強靭症は簡単な手術で治すことができます。処女膜切開手術という処女膜を切開して膣口を広げる、10分から15分程度で終わる手術です。局部麻酔で行うことが多いため体への負担も少なく、日帰りで行えます。術後も痛みはほとんど感じないため、すぐに日常生活に戻ることが可能です。性交渉は、術後約1ヶ月程度で行えるようになります。

もしかして?と思ったら

処女膜強靭症と知らずに性交渉のたびに強い痛みや出血を伴うと、性交渉自体に恐怖を覚えてしまうようになりかねません。性交渉への恐怖は、不妊の原因につながるケースもあります。もし、性交渉を重ねても痛みや出血がおさまらないようであれば、処女膜強靭症を疑ってみましょう。クリニックを受診するのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、スタッフが全員女性というところも少なくありませんので、将来のためにも勇気を持って受診してみてはいかがでしょうか。

処女膜強靭症とは、処女膜(粘膜)が厚かったり硬かったりして、成功時に痛みや出血を伴う症状です。手術で解消することができます。