サイトM&Aとは?特徴やメリット・注意点を知っていると安心!

サイトM&Aの特徴とは?

サイトM&Aはサイト売買とも呼ばれ、個人や企業が持っているWebサイトおよびサイトを構成しているコンテンツを、商品として取引することです。2005年頃から、専業ビジネスとして始まりました。Webサイトの価値は、収益性やアクセス数・会員数・検索結果のランクなどから判断されます。良質なサイトを立ち上げるためには、時間やコストがかかってしまうでしょう。よって、既存のWebサイトを購入した方が合理的なのです。そのように考える買い手と自身のサイトを売却したいオーナーがいることで、サイトM&Aが成立します。

サイトM&Aのメリットと注意点

サイトM&Aで購入するメリットは、良質なサイトに育てる時間や手間を省けることです。最初からアクセス数や検索結果でのページランクが高く、すぐに売上へ貢献できるなど、結果に反映させることができます。しかし、購入するためには初期費用が必要です。初期費用を出したにも関わらず、期待した結果にならないこともあります。購入するWebサイトは、仲介業者によって管理されているため悪質なものはほとんどありません。しかし、過去にそのWebサイトで扱っていた内容を知らないと、トラブルに巻き込まれることもあるでしょう。よって、どのようなことを取り扱っていたかを確認することが必要です。

サイトM&Aで取引するためには

サイトM&Aをする時は、サイト売買を取り扱っている業者に登録することからです。売り手が売却したいサイトを登録すると、業者が登録内容を確認して掲載サイトに載せます。購入したい買い手が現れたら、業者仲介のもとで交渉をして取引成立という流れです。

国内にはサイト売買を通じて、1億円の利益を得た個人が存在します。一獲千金のチャンスのため、個人運営してきたサイトの更新が大変になってきたら閉鎖するのではなく売却するほうがおすすめです。