メリットしかない?LED照明の良いとこ悪いとこ

LED照明のイメージ

LEDと聞くと皆さん、どのようなイメージを持ちますか?メリット・デメリット様々なイメージがあると思います。今回はLEDの、はっきりわかるメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。

LED照明のメリット・デメリット

LED照明のメリットとして、まず挙げられるのは寿命です。LED照明の寿命は10年以上あると言われています。一度交換してしまえば、10年以上は交換する必要がないので交換の手間を大幅に省くことができます。

次に挙げられるメリットとしては省電力という点です。LEDは他の蛍光灯や電球に比べて約半分以上も消費電力が少ないのです。それを長期的な視点で見てみると電気料金の削減にも繋がります。またLEDを使うことによってブレーカーが落ちるリスクを減らすことができます。

LEDのデメリットは、あまり多くはありません。まず挙げられるデメリットは照らす範囲が狭いということですが、最近のLEDは反射板を取り付け範囲の狭さを改善しています。過去に発売された古いLEDを買ってしまうと暗さを感じることがあります。

他には演色性が低いことです。演色性とはモノを光で照らすとき照らしたモノの色を反射して、どれだけ色を再現できているかということなのですが、LEDの場合は、これが低いようです。しかし、このデメリットも改良により演色性を高めることができています。

以上のメリット・デメリットを見てみるとメリットの方が大きいのではないでしょうか。デメリットも挙げましたが、どれも改良が重ねられ問題をほとんど克服しています。以前まではLEDは照明としてあまり利用されてきませんでしたが今現在、販売されているLEDは充分に役割を果たしてくれるでしょう。

長時間照明を使う場合、電気代がバカになりませんから、電気消費量の少ない、LEDライトパネルを使うことをお勧めします。